kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2007年05月28日(月)

京都市・京阪、京津線の地下鉄東西線乗り入れ区間拡大 [ニュース(公営/第三セクター・西日本)]

 「太秦天神川」まで京阪乗り入れ 京都市地下鉄 東西線西伸で|京都新聞電子版

 京都市営地下鉄東西線は現在二条〜太秦天神川間の延伸工事を行っていますが、京阪電鉄京津線の乗り入れ区間を現在の御陵〜京都市役所前間から、太秦天神川まで延長することが明らかになりました。

 京阪京津線は元々、浜大津から三条までの路線でしたが、1997年の東西線開業に伴い、御陵以西で東西線と同じ地下の線路を運行するようになりました。しかし、三条京阪駅に折り返し施設用のスペースが確保できなかったことから、1駅西の京都市役所前駅まで乗り入れています。
 このため、京津線からの利用客は京都市役所前駅より先の烏丸御池駅や二条駅へ向かう場合は乗換が必須となることから利用客からは不便との指摘が出ていたほか、1999年には京都商工会議所が二条駅までの乗り入れ延長を要望していました。

 市交通局はこれまで、乗り入れ延長には電力設備の増強や京阪への車両使用料が必要となり、多額の負担増につながるとしてきたが、太秦天神川駅に変電所を新設するほか、ネットワークの拡充で増収も期待できるとのことから区間延長になったとのことです。
 現行ダイヤでは京津線は1時間2〜6本乗り入れていますが、すべて延長するのはダイヤの関係で困難とみられることから当面は一部のみとのことです。

「太秦天神川」まで京阪乗り入れ 京都市地下鉄 東西線西伸で|京都新聞電子版

 京都市の桝本頼兼市長は28日午前の市議会本会議一般質問で、来年1月の地下鉄東西線二条−太秦天神川(右京区)間の西伸開業に合わせ、京阪電鉄の乗り入れ区間を現在の御陵(山科区)−京都市役所前(中京区)間から、太秦天神川まで延長する方針を明らかにした。京阪電鉄もほぼ同意しており、同電鉄京津線と地下鉄烏丸線やJR山陰線との連結で利便性が高まるほか、京福嵐山線との連絡で観光振興にもつながる見込み。

 1997年の東西線開業に伴い京津線(当時浜大津−三条)は、御陵以西で東西線と同じ地下の線路を運行するようになったが、三条京阪では折り返し施設用のスペースが足りず、1駅西の京都市役所前まで乗り入れている。しかし、烏丸御池駅(中京区)や二条駅に接続していないため、利用客からは不便との指摘が出ていた。99年には京都商工会議所が二条駅までの乗り入れ延長を要望していた。

 市交通局は、乗り入れ延長には電力設備の増強や京阪への車両使用料が必要となり、多額の負担増につながるとしてきたが、太秦天神川駅に変電所を新設するほか、ネットワークの拡充で増収も期待できるとして、京阪と協議していた。

 桝本市長は答弁で「浜大津駅から(京都の)都心部に接続するとともに、京福との連絡により嵐山と琵琶湖を直結する観光ルートができる」と強調、「延伸開通と同時に浜大津から太秦天神川までの直通運転を実施する」と述べた。
 現在、東西線に京阪は1時間2−6本、乗り入れているが、すべて延長するのはダイヤの関係で困難とみられる。京阪の経営統括室は「交通ネットワークが充実する機会なので、課題はあるが市と検討を進めたい」としている。

 京阪乗り入れ「太秦天神川」まで延長 | 鉄子の旅|鉄道News

Posted by kqtrain at 22時36分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1229

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.