kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2007年06月20日(水)

JR西日本、新ダイヤからマリンライナー1両増結へ [ニュース(JR)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

2階建て車両を先頭にした快速「マリンライナー」(高松)

 okanichi.co.jp:マリンライナー来月から1両増 JR岡山支社

 JR西日本岡山支社では、2007年7月1日のダイヤ改正から瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」の編成をこれまでの5両編成から6両編成にすることを公表しました。

 1988年4月から運行が開始された快速「マリンライナー」は、当初はグリーン車1両を含む6両編成を基本として運転されていましたが、2003年10月1日のダイヤ改正に際して新型車両を導入するとともに編成も5両編成となりました。
 しかし「座れなくなった」という苦情が一部にあったことや、通勤時間帯の混雑緩和の目的から6両編成にするとのことです。
 また、瀬戸大橋線の茶屋町〜児島間で高速化工事が完了したことから、2007年7月1日のダイヤ改正から同区間で10km/h増の最速130km/h運転を始めるとのことです。

okanichi.co.jp:マリンライナー来月から1両増 JR岡山支社

 JR岡山支社は、岡山―高松間を走る瀬戸大橋線快速「マリンライナー」を、7月1日のダイヤ改正から一部を除き現在の5両編制から自由席を1両増やし、6両編制にする。1日75本中63本が6両となり、残り12本のうち10本は3両、2本は9両で運転する。  同支社は増強理由を「新幹線にN700系車両を投入し快速の利用も増えるという期待と、朝の通勤通学時間帯の混雑緩和」と説明。03年10月に現行車両を導入した際に1両減となり、「座れなくなった」という苦情が一部にあったことなどから、座席数増加で座るチャンスを高める狙いもある。  このほか、同線茶屋町―児島間で高速化工事が終わり、同日から同区間で10キロ増の最速130キロ運転を始める。大幅な時間短縮はないという。
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

初代快速「マリンライナー」(高松)

Posted by kqtrain at 20時22分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1243

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

6

2007


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.