kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2007年11月01日(木)

茨城交通、湊線再生計画を国土交通省へ提出 [ニュース(私鉄・関東)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

茨城交通キハ2000形(旧国鉄準急色、那珂湊)

 茨交湊線の存廃問題:国交省に対策協、再生計画提出 利用者減歯止め数値化 /茨城 - 毎日jp(毎日新聞)

 第三セクターでの存続が決まった茨城交通湊線ですが、国土交通省関東運輸局に2008年度から5カ年の再生計画を提出しました。
 早ければ今年11月末にも計画が承認される見通しとのことです。計画の要旨は

  • 再生計画は2008年度から2012年度までの5年間
  • 2008年度に車両3両を中古で更新
  • 2009年度には行き違い設備を新設
  • 行き違い設備により、朝夕で40分の運行間隔が30分ほどに短縮の見込み
  • 設備投資費は、5年間で約5億4千万円と試算
  • 近代化補助の対象設備は国・県・市で3分の1ずつ補助
  • 近代化補助対象外の設備も県、市が半分ずつ補助
  • 経営支援策として固定資産税相当額を市が支援
  • 線路などの修繕費も県と市で支援

とのことです。
 湊線の2006年度利用者は約70万人ですが、従来の減少ペースが続くと2012年度で55万人まで落ち込んでしまう計算となってしまいますが、再生計画の実施で利用者の減少傾向に歯止めをかけ、2012年度利用者を68万人にとどめることを目標に掲げています。

 自治体からの公的資金が投入される形となる再生計画ですが、それにに見合った利便性を提供できていなければ、無駄な投入とのレッテルをつけられかねませんので、今後の状況を見守っていきたいと思います。
 あと気になるのは「車両3両を中古で更新」というもの。
 中古とはいえ、長く使っていかなければならないですから、「安物買いの銭失い」とならないものを見つけて欲しいものですね。

 Simplex's Memo 茨城交通湊線、国土交通省へ再生計画提出。

 NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース|湊線再生計画提出、乗客目標12年度で68万人に・対策協議会

asahi.com:湊線再生計画を提出 国、来月にも承認-マイタウン茨城

 茨城交通湊線(勝田―阿字ケ浦)の存続に向け、本間源基・ひたちなか市長らが29日、横浜市の国土交通省関東運輸局を訪れ、国の補助金を受けるための再生計画を提出した。同市と同社が出資して来年4月に第三セクターの新会社をつくる。5年後の12年度の利用者を、06年度見込みに比べ微減にとどめる見通しを明記した。11月末にも承認を受ける。

 計画は08〜12年度の5年間で、安全性の確保や利便性向上のため、08年度に車両3台を中古で更新、09年度には行き違い設備を新設する。

 5年間で約5億4千万円と試算される設備投資費は、近代化補助の対象設備は国・県・市で3分の1ずつ、近代化補助対象外の設備も県、市が半分ずつ補助する。また経営支援策として固定資産税相当額を市が支援するほか、線路などの修繕費も県と市で支援する。

 12年度の利用者は68万人を目標とし、対策を打たなかった場合の55万人を大幅に上回る見通しを立てた。市民グループの利用促進活動などにより、利用実績は06年度が70万人で前年比2・8%減だったが、07年度は4〜9月で35・6万人(前年同期比0・3%減)と、減少幅が縮小する傾向にあり、市などは目標を達成可能としている。

 本間市長は「鉄道事業の公共性から、税金を投入することになったことについて、市民の理解を得たい。これからが正念場」とコメントした。

Posted by kqtrain at 22時54分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1386

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.