kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2007年12月20日(木)

川崎重工業、次世代型路面電車「SWIMO」の受注を来年春から開始 [ニュース(鉄道)]

 川崎重工 次世代型路面電車 来春から受注開始 ニッケル水素電池搭載、初の商用化 :ニュース - CNET Japan

 現在、札幌市において試験運転が行われている川崎重工の低床電池駆動LRV「SWIMO(スイモ)」ですが、来年春から量産に向けた受注を始めるとのことです。

 LRV「SWIMO(スイモ)」は3両1編成で全長約15m、高さ約3.8m、車幅約2.2mで、独自開発の大型ニッケル水素電池「ギガセル」を座席下に搭載し、バリアフリーの広い低床スペースを確保しています。電池を搭載していることにより、架線インフラがなくても10km程度走行できるほか、ブレーキをかける際に生じる電力(回生電力)を蓄えることも可能で、大幅な省エネルギーが実現できるようになっています。

 近年、地域交通の確保や都市部の渋滞緩和、環境負荷の軽減に効果があるとして、スイモのような新型路面電車(LRT)が脚光を浴びていることから、国内外で引き合いが急増しているとのことです。当初は年間150〜300両規模で生産し、価格は3両1編成で2億5,000万円から3億円を想定しているとのことです。

 札幌での試験で問題なければ量産が開始されることになるだろうと思われますが、通常よりかさむことになる新規導入コストが、導入後のランニングコストでペイできるかどうかが導入の鍵になりそうです。

 札幌で電池を使った市電が競演 架線なくても走行可能 - MSN産経ニュース

Posted by kqtrain at 01時33分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1423

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.