kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2007年12月20日(木)

新幹線0系、2008年秋に全車引退へ [ニュース(鉄道)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

最後の活躍をする「0系」(相生)

 asahi.com:初代新幹線「団子っ鼻」0系、来秋で引退・廃車 JR西 - 関西

 1964年の東海道新幹線開通から活躍し、現在は山陽新幹線で「こだま」として活躍している新幹線0系ですが、2008年秋までに全車引退することが決まりました。

 0系は1964年の東海道新幹線開業と同時にデビューし、1986年3月までに3216両が製造され、現在はカラーリングは変わったものの山陽新幹線で「こだま」として活躍しています。
 しかし、JR東海とJR西日本が共同開発した最新型新幹線「N700系」の登場により、「500系」が短編成化されて「こだま」運用に就くことになり、老朽化が進んだ上に最高速度が220km/hまでしか出せないことからダイヤ上のネックになっていることから引退が決まりました。

 長きに渡って勤めた主役の「ひかり」から“引退”し、山陽区間で「こだま」として地道に活躍を続けてきた愛嬌のある顔立ちの「名車」ともまもなくお別れとなります。

 鉄道ニュース > 最新鉄道情報 > JR西日本 初代新幹線車輌0系引退へ:鉄道ホビダス
 Simplex's Memo 団子鼻の新幹線、来秋全廃。
 [N] 初代新幹線「0系」廃車へ

「さらば「夢の超特急」 44年の歴史に幕 新幹線0系引退へ」話題!‐話のタネニュース:イザ!

 JR西日本は19日、昭和39年に世界最速列車として登場し、今も山陽新幹線(新大阪−博多)で走る初代新幹線「0系」を来年秋までにすべて廃車にすることを決めた。老朽化と、最新型の「N700系」登場などによる世代交代が理由。日本の高度成長期の象徴的存在で、新幹線開業以来、人気を集めてきた「夢の超特急」は、44年間の歴史に幕を下ろす。

 丸みのある独特の先頭形状で親しまれた0系は、東京五輪が開催された39年10月、東海道新幹線の開業と同時に「ひかり」「こだま」としてデビュー。最高時速210キロで東京−新大阪を3時間10分で結び、従来の在来線特急による6時間半を大幅に短縮。61年にはさらに10キロ速くなり、3時間を切った。欧米の鉄道にも大きな影響を与えたとされる。

 国鉄末期の61年3月までに3216両が製造されたが、「100系」「300系」など速度や乗り心地を改良した新型に押され、平成11年9月に東海道区間から“引退”。現在はJR西が6編成計36両を山陽区間の「こだま」として運行している。

 JR西日本は、今年7月にデビューした新型新幹線N700系の登場に伴い、のぞみ用に開発した新幹線500系を16両編成から8両編成にした上で、山陽区間限定の「こだま」として使用することを決定済み。0系にかえて来年中にも投入する。

Posted by kqtrain at 23時20分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1424

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.