kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年01月21日(月)

総務省、新幹線車内の無線LANサービス向けに周波数割り当て [ニュース(鉄道)]

 総務省、新幹線車内の無線LANサービス向けに400MHz帯を割り当てへ|Broadband Watch

 総務省は新幹線車内での公衆無線LANサービス向けに400MHz帯の周波数を割り当てる方針を明らかにしました。

 JR東海が2009年春から開始予定としている東海道新幹線「N700系」車内での公衆無線LANサービスについて、乗務員と指令員の連絡手段などに利用されている通信ケーブルとN700系の車体との通信で利用する周波数帯として400MHz帯を割り当てる方針とのことです。

 線路に沿って敷設されている通信ケーブルを利用するため、携帯電話を使ったネット接続と違い、速度や周囲の地形に妨げられず、安定した無線通信ができるほか、トンネル内でも途切れないことで安定した通信速度を保てるとのことです。

 GIGAZINE - 新幹線でトンネルに入っても途切れない、安定した通信が可能に
 Noriyukiのblog: 新幹線LCXへ無線LAN分追加?

asahi.com:09年春から東海道新幹線トンネル内でネット接続可能に - 関西

 新幹線がトンネルに入っても、パソコンのインターネット接続がとぎれなくなる。総務省は400メガヘルツ帯の周波数を新幹線車内の無線LANシステム用に割り当てる方針を決め、月内に公表する。JR東海が昨年2月から実験しており、09年春に東海道新幹線で導入を予定。JR東日本も、時期は未定だが、東北新幹線で導入する考えだ。

 JR東海は「のぞみ」の新車両「N700系」を対象に東京―新大阪間の東海道区間でサービスを始める。新大阪以西の山陽区間では使えない。

 新幹線の線路に沿って敷設され、車内の公衆電話や運転士と指令室の連絡などに使われている通信ケーブルを利用する。車両ごとに無線LANのアクセスポイントを設ける。携帯電話を使ったネット接続と違い、速度や周囲の地形に妨げられず、安定した無線通信ができる。トンネル内でも途切れず、毎秒数百キロビットの通信速度を保つ。

 新幹線はビジネス客の利用が多く、ネット接続の要望が高かった。だが、高速とトンネルの多さが妨げになり、安定した接続はできなかった。

2008/01/26 18:00 追記

 総務省の報道資料(周波数割当計画の一部変更等に係る意見募集)や以下のニュースサイトの記事を見ると、従来は新幹線の運行業務無線などに利用していた400MHz帯を制度改正により、ユーザーに対してサービス提供する電気通信業務にも利用を拡大できるようにするとのことです。
 改正されれば設備の有効活用によるサービス拡大となるので、後は運行業務無線に問題が出ないことが確認されてくれれば、他の新幹線でもサービスが可能になりそうですね。

 新幹線内で無線LANサービス,総務省が地上-列車間通信に400MHz帯割り当てへ:ITpro
 新幹線インターネット用に400MHz帯を割り当て、総務省が改正案|INTERNET Watch
 FujiSankei Business i. 総合/新幹線で無線LAN JR東海が来春導入

Posted by kqtrain at 22時50分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1450

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

1

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.