kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年10月04日(土)

和歌山電鉄、「たま駅長」の経済効果は約11億円 [ニュース(鉄道)]

 みんなのニュース:11億円招いたニャーン 「たま駅長」経済効果を試算 - 毎日jp(毎日新聞)

 関西大大学院の宮本勝浩教授らは、和歌山電鉄貴志川線の無人駅「貴志駅」で駅長を務める三毛猫「たま」の就任1年間の経済波及効果をおよそ11億円と試算されることを公表しました。

 和歌山電鉄貴志川線貴志駅には、2007年1月より三毛猫の「たま」が駅長に就任しています。
 「たま」が駅長に就任して以降、その姿が全国ネットのゴールデンタイムに4回も登場するなどしたことから人気に火がつき、写真集やDVDが発売されるなどアイドル並みの状況で、全国から観光客が訪れています。

 この他にも和歌山電鉄では貴志駅周辺の特産品であるイチゴをモチーフに、白地に赤をアクセントとしたデザインとした「いちご電車」、おもちゃ箱や子供部屋をモチーフとしたようなデザインの「おもちゃ電車」(略して「OMODEN(おもでん)」)といった車両を走らせたりしたことにより、貴志川線では2007年1年間の乗客数が前年に比べ5万5370人も増加しました。
 これら「たま駅長」「いちご電車」「おもちゃ電車」による宣伝効果などを元にはじき出された和歌山市内への経済波及効果は総計10億9,400万円とのことです。

 それにしてもたま駅長の宣伝効果はすごいものがありますね。
 2007年1年間のたま駅長などのグッズの売り上げは4,500万円で、そのうち写真集が3,000万円と、まさにたま駅長なくしてはこれだけの実績は上がらなかったのではないかと思います。
 今後の課題としてはたま駅長の人気だけに頼ることなく、さまざまな収入の道を模索していくことが必要となっていくでしょう。

 [N] 「たま駅長」経済効果は11億円!

「たま駅長」の経済効果11億円と試算 - 社会 - SANSPO.COM

 たま駅長の経済効果は11億円−。関西大大学院の宮本勝浩教授は3日までに、和歌山電鉄貴志川線の無人駅「貴志駅」(和歌山県紀の川市)で駅長を務める三毛猫「たま」の就任1年間の経済波及効果をまとめた。

 試算によると、就任した2007年1月からの1年間は、乗客が前年より約5万5000人増え、運賃収入だけで約1500万円増。写真集や関連商品の波及効果は約2700万円と算定、隣接する和歌山市の観光客増にも貢献したと推計した。

 一時は廃線寸前まで追い詰められた貴志川線。たまが駅長に就任して以降、写真集やDVDが発売されるなどアイドル並みの人気が出て、全国から観光客が訪れている。

 宮本教授は「猫を駅長にするという奇抜なアイデアで、町おこしが大成功した」と話している。

Posted by kqtrain at 00時35分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1615

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.