kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年12月01日(月)

大井川鐵道、SL乗客が累計600万人突破 [ニュース(私鉄・中部)]

 asahi.com(朝日新聞社):SL乗客600万人 大井川鉄道、地域の足支える稼ぎ頭 - トラベル

 大井川鐵道では、2008年11月29日にSL乗客の累計が600万人を突破しました。

 大井川鐵道は1931年に金谷〜千頭間が全線開通、下りは大井川流域の水力による電源開発工事の輸送手段、上りは奥大井の木材運搬と、開通後は貨物輸送が中心の鉄路でした。
 しかし、ダム建設が一段落したうえ、沿線の過疎化、輸入材による林業の不振などにより貨物収入が減少して収益が悪化、生き残り策として1976年7月に営業運転を始めたのが蒸気機関車でした。営業運転開始後はSLの根強い人気に支えられ、1984年に100万人、1990年に200万人、1992年に300万人と順調に乗客が増え、2004年10月に500万人を突破し、現在は年22万人が利用しているとのことです。

 大井川鐵道の2007年度決算によると、金谷〜千頭間の本線の営業収入は約7億7,700万円でそのうち、SLの売り上げは約6億1,000万円にのぼり、通勤通学など地域の足として鉄路を維持する経費を、観光客輸送に奮闘するSLが稼ぎ出している格好となっています。

 大井川鐵道といえばSLなのですが、それ以外でも近鉄や南海、京阪などの関西大手私鉄で活躍した車両が、塗装もそのままに第二の人生を送っている場所でもあります。
 今後もSLが走り続けるためにも乗りに行って貢献したいですね。

中日新聞:大井川鐵道 SL乗客600万人に:静岡(CHUNICHI Web)

 大井川鐵道で営業運転中のSL(金谷−千頭39・5キロ)の乗客数が29日、累計で600万人を達成し、新金谷駅で記念セレモニーが行われた。現在、SLが通常ダイヤで営業運転しているのは、ほかにJR西日本山口線、真岡鉄道(栃木−茨城県)、秩父鉄道(埼玉県)の3線あるが、600万人達成は初めてという。

 600万人目は日帰りの家族旅行で訪れた三重県川越町の会社員林俊輔さん(29)と妻由衣子さん(31)、長男佑磨ちゃん(2つ)。ホームに設けられたくす玉割りの後、伊藤優社長から記念品が手渡された。林さんは「600万人目とはびっくりしました。子どもがSL好きなので乗りに来ましたが、乗るのは初めてです」と話していた。

 同鐵道は1976年にSLの復活営業運転を開始。SLの根強い人気に支えられ、84年に100万人、90年に200万人、92年に300万人と順調に乗客が増え、04年10月に500万人を突破。現在は年22万人が利用している。

 総走行距離は117万8200キロ(10月31日現在)で、地球を約29周分走った計算になる。

Posted by kqtrain at 23時12分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1666

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.