kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年12月13日(土)

能勢電鉄、日生中央〜山下間に新駅計画 [ニュース(私鉄・関西)]

 日生中央―山下に新駅 能勢電鉄計画…兵庫 : 経済 科学 ピックアップ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 能勢電鉄では、日生中央〜山下間に新駅の建設を計画しているとのことです。

 新駅の場所は、2.6km離れた両駅のほぼ中間に位置し、高架の上下線2本のプラットホームとエレベーター2機を設置、費用の一部は日生ニュータウンを開発した日本生命が負担する見通しとのことです。

 日本生命は1970年から、兵庫県川西市北部と隣接する猪名川町にまたがる約255ヘクタールで住宅地を開発し、現在は約1万6,000人が暮らしています。
 宅地開発に伴う交通手段として山下駅から鉄道路線を延ばし、1978年に日生中央駅が開業、同駅までの路線整備に土地を提供した地元自治会が、新駅建設を要望していました。
 能勢電鉄や兵庫県川西市などを加え、新駅設置に向けた協議会を1981年に立ち上げ、1985年には早期の開発を目指すとした協定書を締結したものの、利用客が見込めず、計画は宙に浮いたままとなっていましたが、2007年5月にあらためて要望、能勢電鉄ではこれを受けて人口増に伴い利用客が見込めるようになったとして、新駅の建設計画を進めることにしたとのことで、地元にとって約40年間の懸案が実現に向けて動き出すことになります。

 今後は開業時期のほか、新駅周辺の道路環境の整備など具体的な検討を進めていくとのことです。

神戸新聞|阪神・北摂|動き始めた新駅計画 能勢電鉄「日生中央-山下」間

川西市と猪名川町を結ぶ能勢電鉄日生線で、日生中央-山下駅間に新駅を建設する計画が動き始めた。場所は、二・六キロ離れた両駅のほぼ中間に位置する同市一庫一。周辺の住宅地を開発した日本生命(大阪市)が費用負担を検討している。同市と地元自治会、同電鉄、日本生命の四者で十二月中に協議の場を持つ予定。(金 旻革)

 十日の同市会建設常任委員協議会で、同市が明らかにした。

 日本生命は一九七〇年から、同市北部と隣接する猪名川町にまたがる約二百五十五ヘクタールで住宅地を開発。現在、約一万六千人が暮らしている。

 開発に伴う交通手段として、山下駅から鉄道路線を延ばし、七八年に日生中央駅が開業。当時、同駅までの路線整備に土地を提供した一庫自治会が、新駅建設を要望していた。

 同電鉄や市などを加え、新駅設置に向けた協議会を立ち上げたのは八一年。八五年には早期の開発を目指すとした協定書を締結したものの、利用客が見込めず、計画は宙に浮いたままだった。

 同自治会は昨年五月、あらためて同電鉄に要望。これを受けて同電鉄は、人口増に伴い利用客が見込めるようになったとして、新駅の建設計画を進めることにした。

 今後は開業時期のほか、新駅周辺の道路環境の整備など具体的な検討を進める。同電鉄は「環境が整った。地域の活性化につなげたい」と話している。

Posted by kqtrain at 00時00分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1674

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.