kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年11月13日(金)

阪神、阪神電鉄なんば線効果で輸送人員増 [ニュース(鉄道)]

 asahi.com(朝日新聞社):梅田の客、難波へシフト 阪神電鉄なんば線、効果鮮明 - 関西交通・旅ニュース

 2009年3月20日に開通した阪神電鉄なんば線、この開通が好影響を与えています。

 阪神なんば線の2009年4〜9月の利用客数は1,000万人以上となり、旅客収入は当初計画より17%増の約17億円、なんば線によって長距離の利用客数が増えたことなどもあり、阪神線全体の輸送人員も6.2%増に押し上げたとのことです。

 駅の利用客数を見てみると、なんば線でつながった阪神・三宮駅は5.9%増、近鉄・大阪難波駅は21.3%増、近鉄奈良駅は3.7%増との結果になりましたが、阪神・梅田駅は12.7%減と大幅減少となっており、阪神沿線の人が奈良方面に出かけたり、近鉄沿線の人が甲子園に行ったりする際に、乗換えを伴う梅田経由から直通している阪神なんば線への利用に移った結果となっています。

 関東の私鉄(京急・京成・東武・西武・東急・小田急・京王)ではターミナル駅を抱えてはいるものの、ターミナル駅よりも都市中心部を走る地下鉄との相互直通運転を行うことがメインとなっていることが多くなっており、そのまま乗りとおすと別の私鉄との接続駅までいくことが出来る例も多数あります。
 一方、関西の私鉄(阪神・阪急・近鉄・京阪・南海)の場合、中心地にターミナル駅を抱え、ここから各方面へ列車を走らせていますが、地下鉄や他社との相互直通運転を行って都市中心部を縦横断するようなルートはほとんどなく、あるターミナル駅から別のターミナル駅への移動には乗り換えが必要な場合がほとんどとなっています。

 今回の阪神なんば線開通は、単純に阪神の線路がなんばまで延びたので「阪神でなんばに行きやすくなった」ということだけではなく、路線がつながることによって選択肢が増える、といった効果を生み出しているのではないかなと個人的に考えます。
 今後は、阪神と近鉄がこの効果をどのように長期間持続させられるのかが課題となりそうです。

asahi.com(朝日新聞社):梅田の客、難波へシフト 阪神電鉄なんば線、効果鮮明 - 関西交通・旅ニュース

 景気後退や新型インフルエンザの影響で関西の鉄道路線が軒並み苦戦を強いられるなか、今年3月に開業した阪神電気鉄道なんば線効果で阪神線だけが輸送人員を増やしたことがわかった。神戸と奈良を乗り換えなしで行き来できるため、中長距離利用を中心に客を増やし、これまで梅田を経由していた人の流れを変えつつある。

 阪神なんば線の4〜9月の利用客数は1千万人以上となり、旅客収入は当初計画より17%増の約17億円だった。なんば線によって長距離の利用客数が増えたことなどもあり、阪神線全体の輸送人員も6.2%増に押し上げた。

 駅の利用客数も、なんば線でつながった阪神・三宮と近鉄・大阪難波、近鉄奈良の各駅で増える一方、梅田駅は大幅に減少。阪神沿線の人が奈良方面に出かけたり、近鉄沿線の人が甲子園に行ったりする際、梅田経由の本線利用から、阪神なんば線への利用に移った結果とみられる。

 梅田となんばを結ぶ御堂筋線を抱える大阪市交通局によると、地下鉄全体では4月以降、客数・収入ともに1日平均0.5%減った。阪急梅田駅の乗降客数も4.7%減となり、阪急電鉄は「阪神なんば線の影響も一因」(広報)としている。

Posted by kqtrain at 21時44分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2054

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.