kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年11月25日(水)

JR九州と西日本、2011年春からICカード乗車券「ICOCA」「SUGOCA」相互利用サービス開始 [ニュース(ICカード乗車券)]

 JR西日本 : プレスリリース一覧>ICOCAとSUGOCAの相互利用サービスを平成23年春に開始します
 SUGOCAとICOCAの相互利用サービスを平成23年春に開始します|JR九州

 JR九州とJR西日本では、2011年春からICカード乗車券「ICOCA」と「SUGOCA」とのIC乗車券および電子マネー相互利用を開始することを発表しました。

 これにより、「ICOCA」エリア内の在来線で「SUGOCA」を、「SUGOCA」エリア内の在来線で「ICOCA」を利用できるほか「ICOCA」「SUGOCA」それぞれのエリア内で電子マネー機能による決済が可能となります。
 また、博多駅および小倉駅の新幹線乗換口において東海道・山陽新幹線におけるチケットレスサービスのためのICカード「EX-ICカード」や新幹線の紙のきっぷと「SUGOCA」などのIC乗車券を組み合わせてそのまま自動改札機を通れるようになり、在来線と新幹線との乗り継ぎが可能になります。
 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 「SUGOCA」と「ICOCA」、包括的相互利用サービス提供を正式表明──JR九州とJR西日本。2011年春から: 音楽とのりものと・・・

 JR西、JR九州がIC乗車券乗り入れ正式発表 - MSN産経ニュース

総合/JR3社、ICカード相互利用 東西と九州、新幹線直通で利便性向上 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE

 JR九州とJR西日本が2011年春から鉄道用のIC(集積回路)カード乗車券の相互利用を開始することが24日、分かった。九州新幹線が同年春に全線開通し、山陽新幹線との直通運転がスタートするため、在来線への乗り継ぎをスムーズにすることで利用拡大につなげる。ひと足先に10年春から九州と相互利用を始める東日本も加えたJRグループ3社が連携し、電子マネー機能でも相互利用に乗り出す。25日にも発表する。

 JRグループのIC乗車券は、すでに西日本の「イコカ」(発行枚数約500万枚)と東日本の「スイカ」(同約3000万枚)などで相互利用している。新たに九州の「スゴカ」(同約20万枚)が、西日本の「イコカ」、東日本の「スイカ」と相互利用できるようになる。

 これにより3社のICカードは、会員制の新幹線チケットレスサービス「EX−IC」との併用により、新幹線を利用してから、在来線に乗り継ぐために改札を一度、出なければならなかった煩雑さが解消される。

 ICカード乗車券の「乗り入れ」に合わせ、3社それぞれの利用に限られていた電子マネー機能も相互利用を開始。利用者にとっては券売機に並ばずに電車に乗れると同時に、買い物の支払いなど利用範囲がさらに広がる。

 鉄道用のICカード乗車券はJR東日本が01年、西日本が03年にサービス開始。04年に両社で相互利用がスタートした。首都圏では「スイカ」と私鉄などの「パスモ」と、関西圏では「イコカ」と私鉄系の「ピタパ」と相互利用できるなどエリア内での協力関係の構築も進んでいる。

Posted by kqtrain at 21時54分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2072

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.