kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2010年01月07日(木)

札幌市、札幌市電延伸に向けた検討を行う方針へ [ニュース(公営/第三セクター・東日本)]

画像(320x248)・拡大画像(640x497)

 札幌市長 - 平成21年度第16回定例市長記者会見記録
 札幌市長、市電延伸に意欲−北海道新聞[政治]

 札幌市では、札幌市電延伸に向けた検討を行う事を明らかにしました。
 今後、延伸先や採算性について具体的に検討していくとのことです。

 札幌市市民まちづくり局によると、延伸先の候補は「(1)札幌駅など都心地区」「(2)苗穂駅周辺など北東方向」「(3)市立札幌病院などのある北西方向」「(4)山鼻南地区など南方向」の四つで、各方向とも事業費は40億〜50億円と試算していますが、複数を組み合わせる可能性もあるとのことです。
 まずは2010年2月開会の第1回定例市議会で複数の案を示す方針で、今後は市民や専門家の意見を聴きながら、延伸先を正式に決める見通しとのことです。
 また、現行の西四丁目〜すすきの間(8.5km)についてもすすきの〜西四丁目間を延伸して環状化する事を検討しているとのことです。

 数十億円単位の事業費負担となるため、すぐに実現する可能性は低いかもしれませんが、延伸されれば便利になりそうですね。
 また、現行路線の環状化については、距離的にも短いことから道路などとの兼ね合いがうまく行けばすんなりと実現出来そうな気がしますが・・・。

asahi.com:札幌市電 延伸へ-マイタウン北海道

■都心活性化めざす

 札幌市は、市街地の南西部で運行している市営の路面電車を延伸する方針を固めた。今後、延伸先や採算性について具体的に検討していく。路線の赤字体質を改善し、将来は市街地への自動車の乗り入れを抑制して環境対策に役立てながら、中心市街地の活性化も目指すとしている。

 同市は冬季五輪開催を間近にひかえた1971年に地下鉄を開業。同時に、最盛期には25キロあった路面電車の廃止を進め、74年以降は西四丁目―すすきの間1路線(8・5キロ)だけの運行となっている。富山市が2006年に次世代型路面電車システム(LRT)を導入するなど、地方都市では全国で路面電車見直しの機運が高まっている。

 同市市民まちづくり局によると、延伸先の候補は(1)札幌駅など都心地区(2)苗穂駅周辺など北東方向(3)市立札幌病院などのある北西方向(4)山鼻南地区など南方向の四つ。各方向とも事業費は40億〜50億円と試算しているが、複数を組み合わせる可能性もある。10年度、市民の意見を聴きながら、延伸先を正式に決める見通しだ。

◆キーワード◆
《札幌市電》 1909年開業の石材輸送の馬車鉄道に起源を持つ札幌電気軌道を27年に市営化した。利用客は現在1日約2万人。08年度決算では営業損失2億2千万円。

Posted by kqtrain at 19時35分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2140

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.