kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2011年02月04日(金)

東京メトロ・都営地下鉄、経営統合を見送ってサービス改善を優先的に進める方針へ [ニュース(鉄道)]

 東京メトロ・都営地下鉄、経営統合見送りへ : 鉄道 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 都営・メトロの統合先送り 都営の1兆円以上の長期負債ネック - SankeiBiz(サンケイビズ)
 東京新聞:メトロと都営 一元化協議を継続:社会(TOKYO Web)
 asahi.com(朝日新聞社):メトロと都営、乗り継ぎ割引 70円→100円に? - 社会

 東京メトロと東京都、国土交通省は、東京メトロ(東京地下鉄)と都営地下鉄(東京都交通局)の一元化に関する協議会を開き、経営統合は継続協議として結論が持ち越され、駅での乗り換えを便利にする改良工事や、乗り継ぎ割引拡大などのサービス改善に両地下鉄が協力して取り組むことで合意したことを明らかにしました。

 東京都には、東京都が運営する都営地下鉄と特殊法人の帝都高速度交通営団の民営化で2004年に発足した東京地下鉄(東京メトロ)の2つの事業体が存在しています。
 「地下鉄」という同じ事業体でありながらそれぞれが独自に運営されており、運賃体系も異なっていることから、駅が同一の場所にあっても切符の購入や改札なども分けられている場合がほとんどで利用者はその違いを認識した上で利用しなければなりません。
 東京都は東京メトロの完全民営化に合わせて2つの事業体として存在してしまっている「地下鉄」を経営や利便性の面から経営統合するようにと強く求めていました。
 しかしメトロやメトロの筆頭株主の国は、都営地下鉄が地下鉄の建設費などで1兆円超の長期債務を抱えることなどから慎重姿勢を崩さす、経営統合については「期限を定めず継続協議」とし、サービス改善を先行することにしたとのことです。

 合意では、両地下鉄のホームの間に壁があり乗り換えに遠回りが必要な九段下駅の改良を2011年中に着手するほか、浅草駅や六本木駅など12駅で一方の地下鉄利用者が他方のホームに無料で通り抜けられる「改札通過サービス」の導入や、メトロ秋葉原駅と都営岩本町駅、メトロ湯島駅と都営上野御徒町駅を乗り継ぎ運賃割引の対象となる「連絡運輸駅」に追加指定することも両地下鉄で協議するとのことです。
 また、現在都営とメトロを乗り継ぐ際に一律70円の乗り継ぎ運賃割引適用していますが、これを100円にまで拡大することなどについて、今年夏までに結論を出すことを決めたほか、将来、統一料金を導入できるかどうかについても今夏までに方針を出す予定だとのことです。

 ほとんどの都市で地下鉄は1つの組織が運営されており、路線によって組織が変わることはありません。
 東京という都市におけるこのようないびつな構造については以前から疑問視されてはいましたが、それぞれの組織の成り立ちが異なっていることもあり、一元化に向かうことはありませんでした。
 東京都も都営地下鉄の収益が赤字続きだったこともあって積極的ではありませんでしたが、近年になって単年度黒字を達成できたことで、一元化後もこのままの経営を続ければ問題がないことや、東京メトロ民営化によって割り当てられた46.6%の株式の売却益で債務を減らすことで、一元化後の経営への影響を少なくできると考えているようです。
 ただ、国やメトロとしては都が作った借金を自分で返さずに一元化した組織に押し付けられてしまうことで「負債をかかえている」というイメージがついてしまい、完全民営化後の東京メトロの企業価値が損なわれ、投資家などが株式の購入などを手控えるのではないかと考えているようです。

 このように様々な思惑が絡む東京メトロ(東京地下鉄)と都営地下鉄(東京都交通局)の一元化ですが、一利用者としては「東京の地下鉄」として一括りになることによるメリットは大きいので、いち早く実現して欲しいものです。

 [東京メトロ][都営地下鉄]乗り継ぎ割引拡大、連絡通路の増設などのサービス改善策を協議。今夏までに結論: 鉄道ダイヤ改正ニュース
 東京メトロと都営地下鉄統合見送り: かにうさぎの部屋
 1726.もう一元化なんてしない? 東京メトロ・都営地下鉄の統合先送り|さすらい館

東京の地下鉄、サービス改善先行 経営統合は継続協議 - 47NEWS(よんななニュース)

 東京メトロと東京都、国は3日、メトロと都営地下鉄の一元化に関する協議会を開き、駅での乗り換えを便利にする改良工事や、乗り継ぎ割引拡大などのサービス改善に両地下鉄が協力して取り組むことで合意した。

 これまでの協議では、都が経営や利便性の面から両地下鉄の経営統合を強く求めていたが、メトロやメトロの筆頭株主の国は、都営地下鉄が1兆円超の長期債務を抱えることなどから慎重姿勢を取り、「統合の結論が出なくてもサービス向上はすべきだ」と指摘。経営統合は期限を定めず継続協議とし、サービス改善を先行することにした。

 合意では、両地下鉄のホームの間に壁があり乗り換えに遠回りが必要な九段下駅の改良を2011年中に着手するほか、本郷三丁目駅の連絡通路整備など他駅の改造も検討するとした。両地下鉄の乗り継ぎ割引の拡大などの運賃制度を協議、今夏までに結論を出す。

 東京都の猪瀬直樹副知事は会合で「利用者への利益還元は(経営の)一元化がベスト。協議を続けることでわれわれの主張が受け入れられると考える」と述べた。

Posted by kqtrain at 19時33分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2794

東京メトロと都営地下鉄統合見送り

国交省と東京都は、東京メトロと都営地下鉄統合問題や東京メトロ株売却問題で、両社と

かにうさぎの部屋 2011年02月04日 21時23分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

2

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.