kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2012年11月22日(木)

JR北海道、道内初の国鉄電車「711系」を2014(平成26)年度末までに引退 [ニュース(JR)]

画像(320x248)・拡大画像(640x497)

 JR北海道の「赤電車」引退へ 老朽化で新型車に代替−北海道新聞[経済]

 JR北海道では、1968(昭和43)年に北海道内初の国鉄電車としてデビューした「711系」を、2014(平成26)年度末までに引退させる方針を決定した、との報道がなされました。

 711系は、1968(昭和43)年8月28日の小樽〜滝川電化開業時に導入された車両で、北海道の冬季の気象条件に対応すべく設計・開発されたもので、これ以降に北海道向けに導入される車両の基礎ともなりました。
 普通や快速といった地域輸送向けの車両ではありましたが、小樽〜旭川間の急行「かむい」や札幌〜旭川間ノンストップ急行「さちかぜ」にも使用されました。
 長年電化区間の輸送を支えてきた711系ですが、初期に製造された車両はデビューから40年以上経過して老朽化が進んでいることや、2ドア・セミクロスシートの設備がラッシュ輸送に合わなくなってきていることなどから、3ドアの721系や731系、733系、735系など後継車両の導入により一部の車両はすでに廃車となっています。
 車体カラーは、デビュー当初は車体全体を赤2号(えんじ色)、先頭車の前面下部をクリーム4号とした配色でしたが、1985(昭和60)年から塗色変更が実施され、明るめの赤1号の地色に、前面と側面窓下にクリーム1号の帯を配したものに変更されています。
 (2012(平成24)年に一部の編成においてデビュー当初のカラーリングにリバイバルされて運用されています。)

 詳細につきましては上記ニュース記事をご覧ください。

 JR北海道711系、2014年度末で引退: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」

JR北海道の「赤電車」引退へ 老朽化で新型車に代替−北海道新聞[経済]

 JR北海道は、1968年に道内初の国鉄電車としてデビューし、車体が赤いことから長年「赤電車」として道民に親しまれてきた711系電車を、2014年度末で引退させる方針を決めた。老朽化により、新型車に代替する。

 赤電車は68年8月、函館線(小樽―滝川)電化に合わせて導入。電化区間の拡大とともに、千歳線や室蘭線へも進出した。小樽―旭川間の急行「かむい」や札幌―旭川間ノンストップ急行「さちかぜ」にも使われ、ピーク時の85年前後は3両編成で38本が活躍した。<北海道新聞11月22日夕刊掲載>

Posted by kqtrain at 22時51分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=3646

JR北海道711系、2014年度末で引退

 JR北海道は、北海道初の国鉄電車として1968年に登場した711系を2014年

たべちゃんの旅行記「旅のメモ」 2012年11月26日 06時54分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2012


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.