kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2015年05月21日(木)

鉄道友の会、2015年ブルーリボン・ローレル賞発表 [ニュース(鉄道)]

 鉄道友の会 ブルーリボン・ローレル賞2015年

 鉄道友の会では、2015(平成27)年のブルーリボン賞・ローレル賞を発表しました。

【ブルーリボン賞:JR東日本 E7系・JR西日本 W7系】

 JR東日本 E7系とJR西日本 W7系は、2015(平成27)年3月に金沢まで開業した北陸新幹線に投入された新型新幹線車両です。北陸新幹線には山岳を走行する故の30‰の連続急勾配区間があり、また、50Hzと60Hzの電源周波数の切り換えが途中に3カ所あります。さらに、冬期の降雪に対しては、上越新幹線などのように地上側設備による完全消雪ではなく、車両側での自力排雪走行が求められる区間もあることから、高速での自力排雪走行のため、先頭車のスノープラウに加え、両先頭台車に強化型台車排障装置を取り付けています。
 車両内外のデザインは日本の伝統文化と未来をつなぐ意味から「“和”の未来」をコンセプトとしています。エクステリアデザインは、車体前面から上部を「空色」、車体は「アイボリーホワイト」で車体中央に「銅色(カッパー)」及び「空色」の帯をそれぞれ配して鮮やかに彩られています。インテリアデザインは各クラス共通に日本的な「和」をイメージさせる内装がほどこされ、それぞれのグレードに応じて落ち着いた中にも華やかな空間が演出されています。
 このように、E7・W7系は厳しい線区条件の下でも安全性と信頼性を確保しつつ、「和の未来」をコンセプトしたデザインを積極的に採用するなど、北陸への新しい大動脈となった北陸新幹線を強くアピールしていることなどから、ブルーリボン賞に選定しました。

 「W7系新幹線電車」がブルーリボン賞を受賞:JR西日本

【ローレル賞:JR東日本 EV-E301系】

 JR東日本EV-E301系は大容量のリチウムイオン電池を駆動用電源として搭載し、非電化区間でも電気駆動が可能な車両です。直流1500Vの電化区間では架線からの電力での走行とリチウムイオン電池の充電を同時に行うことができます。このリチウムイオン電池は、電化区間走行中の充電の他、非電化区間では減速時の回生電力と折り返し駅に設置された充電設備からの供給電力で充電されます。非電化区間では充電されたリチウムイオン電池のエネルギーを用いて走行します。
 ディーゼルエンジンを搭載した気動車は電気駆動の車両に比べると、振動、騒音が大きく、さらに排気ガスを生じるなどの課題があります。これらに対して,EV-E301系では,高性能二次電池であるリチウムイオン電池を駆動用電源とした電気駆動を採用したことにより、非電化路線の旅客サービスと車両の環境適合性両方の向上が図られました。このように、架線と大容量リチウムイオン電池のハイブリッド方式により、非電化路線鉄道の新しい動力方式を具現化した点で、EV-E301系は極めて意義の大きな車両であることから、ローレル賞に選定いたしました。

 「E7系新幹線電車」のブルーリボン賞および「EV-E301系(ACCUM)」のローレル賞受賞について [PDF/273KB]|プレスリリース:JR東日本

【ローレル賞:箱根登山鉄道 3000形】

 箱根登山鉄道3000形は、繁忙期における輸送力増強を目的として製造された25年ぶりの新形式車両です。箱根登山鉄道は、箱根湯本−強羅間の最急勾配80‰、最小曲線半径30m、3カ所のスイッチバックなど、我が国でも本格的な登山鉄道です。3000形の車体長は14m級の小型で、両端に運転台を設けた単車構造として、単車運転もしくは3000形同士の2両編成、または2000形2両編成との連結による3両編成を可能としています。
 車体は、車両の全方向から箱根の四季、自然景観を眺められるよう、運転台は大型の窓ガラスとし、乗務員室後方の展望窓と側引戸にはそれぞれ床面から天井近くまでの窓ガラスを採用しています。車体材質はステンレス鋼としていますが全面塗装とし、バーミリオンはこねと名付けた赤系色を基本に、窓下のシルバー、窓回りをダークグレーとして従来車より大きな開口部を強調しています。
 車内の両先頭部は展望窓から外の景観が楽しめる展望ゾーンと、中央部は4人掛けクロスシートとして車窓や旅を楽しむクロスシートゾーンの二つとしています。出入口付近の座席は折り畳み式とし、最繁忙期には立席定員を増やすことが可能です。クロスシート部の窓は下降式窓となっており、自然の空気を取り込むことが可能です。客室内は電球色LEDによる間接照明とし、座席窓台に強化木、壁に木目調の化粧板を用い、座席シートは赤系統の暖色系とすることで、車内を暖かく、落ち着いた雰囲気を持たせています。
 斬新なデザインと最新の技術により、観光地・箱根のイメージアップの一助となった点で3000形は極めて意義の大きな車両であることから、ローレル賞に選定いたしました。

 3000形「アレグラ号」が鉄道友の会『2015年ローレル賞』の受賞決定!(PDF)|インフォメーション 一覧|箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 北陸新幹線E7・W7系が最優秀車両に JR東日本はダブル受賞 ブルーリボン・ローレル賞決定 | 乗りものニュース

http://news.mynavi.jp/news/2015/05/21/489/index.html


http://news.mynavi.jp/news/2015/05/26/649/index.html


http://news.mynavi.jp/news/2015/05/26/658/index.html


http://news.mynavi.jp/news/2015/05/26/659/index.html

Posted by kqtrain at 19時57分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=4669

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2015


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.