kqtrain.net

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2017年05月13日(土)

小田急、2017(平成29)年度の設備投資計画について公表 [ニュース(私鉄・関東)]

 2017年度の鉄道事業設備投資計画[PDF]|2017年|ニュースリリース|企業・CSR情報|小田急電鉄

 小田急電鉄では、2017(平成29)年度の設備投資計画について公表しました。

  • 【2017年度鉄道事業設備投資計画】
  • 鉄道事業設備投資:総額336億円
  • 【輸送力の増強】
  • (1)複々線化事業の推進…現在工事中の東北沢駅〜世田谷代田駅間(1.6km)では、2016(平成28)年度末までに緩行線のトンネル本体の構築が完了しました。2018(平成30)年3月の複々線化に向けて、2017(平成29)年度は、緩行線のホームやレール、架線、信号等の設置を進めます。
  • (2)登戸駅下り1番線の整備・改札口の新設工事の推進…複々線完成による輸送力増強効果を最大限に発揮するため、今年度中に1番線の整備を完了させ4線化を実現し、列車の運行をよりスムーズにすることにより、都心から登戸駅以西への所要時間短縮や安定輸送の確保につなげます。また、混雑緩和に向けて、同駅新宿方に降車専用改札口の新設工事を実施し、今年度中の使用開始を目指します。
  • (3)各駅停車の10両化運転に向けた工事の推進…複々線完成後の朝のラッシュピーク時間帯における輸送力増強と、運行異常時におけるダイヤ復旧を迅速化するため、現在8両編成で運転している近郊区間の各駅停車を10両編成で運転できるようホーム延伸工事を進めています。今年度は、代々木八幡駅における島式ホームの構築や橋上駅舎ラッチ外コンコースの設置工事等を推進します。
  • 【安全対策の強化】
  • (1)ホームドアの設置…ホーム上における安全性向上のため、代々木八幡駅から梅ヶ丘駅の6駅で、2020(平成32)年度までの使用開始を目標としてホームドアを設置していきます。今年度は、主に設置に向けた設計等を推進します。
  • ※使用開始年度および設置駅について(予定)
  • 2018(平成30)年度…代々木八幡駅、下北沢駅(地下2階ホーム)
  • 2019(平成31)年度…代々木上原駅(1番線、4番線)、東北沢駅、世田谷代田駅、梅ヶ丘駅
  • 2020(平成32)年度…下北沢駅(地下3階ホーム)
  • (2)頭端部におけるホーム固定柵の設置…2016(平成28)年12月に国土交通省から示された「駅ホームにおける安全性向上のための検討会(中間とりまとめ)」の整備方針に基づき、新宿、小田原、藤沢、片瀬江ノ島、唐木田の5駅に、線路終端部側の列車の止まらない箇所へホーム固定柵を今年度中に設置します。
  • (3)耐震補強の推進…大規模地震による被害を最小限に抑えるため、新宿駅、大和駅、多摩線における駅間の高架区間、酒匂川橋梁における耐震補強工事を引き続き進めるほか、今年度より玉川学園前駅から町田駅間の橋梁における耐震補強工事を推進します。
  • (4)法面改修工事…自然災害(土砂崩壊等)による被害を最小限に抑えるため、今年度は伊勢原駅から鶴巻温泉駅間、栗平駅から黒川駅間における法面改修工事を実施します。
  • (5)踏切内の安全対策の推進…踏切の安全性を一層高めるため、踏切が完全に遮断されていない場合の異常を信号表示により運転士に知らせる回路の新設工事を進め、今年度中に全踏切への設置を完了するほか、踏切における非常ボタンの増設工事を引き続き推進します。
  • 【サービスの向上】
  • (1)車両の新造およびリニューアルの実施
  • [1]車両の新造…多様なお客さまのニーズに対応するため、大型荷物が収納可能なスペースやWi-Fi環境の整備に加え、バリアフリーに配慮したユニバーサルデザインを採用した新型特急ロマンスカー70000形を製造します。また、3000形通勤車の中間車両を新造し、8両編成の既存車両に組み込むことで10両編成化します。
  • [2]車両のリニューアル…昨年1編成リニューアルを実施した「ロマンスカー・EXE(30000形)」を今年度もリニューアルします。また、1000形通勤車両についても、引き続きリニューアルを行い、車いすスペース、車内LCD表示器、自動放送装置を設置に加え、制御装置の更新や車内照明のLED化や主電動機、コンプレッサーなどの床下機器の低騒音化を図ることで環境にも配慮します。
  • (2)駅施設の改良
  • [1]新宿駅西口地下改修工事の推進…乗換え改札口付近のお客さまの移動を円滑化させるための工事を推進しています。今年度は改札内トイレのリニューアルが完了します。
  • [2]大和駅お客さまトイレの設置…改札内トイレの増設工事を進めており、今年度に全面使用を開始します。
  • [3]鶴巻温泉駅改良工事の推進…秦野市と連携し、当社跨線橋と秦野市のペデストリアンデッキとの接続に向けた工事を進め、年度内の改札口使用開始に向けた工事を推進します。
  • [4]本厚木駅エスカレーター設置工事の推進…駅施設の更なる利便性向上を目指し、下り方向用エスカレーターの増設工事に着手します。
  • 【その他】
  • (1)女性従業員用施設の整備…女性従業員が一層活躍しやすい職場環境づくりを目指し、乗務員や駅係員等の女性従業員用の施設を拡充します。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 新型ロマンスカーと3000形中間車を新造 ホーム延伸も 小田急2017年度設備投資計画 | 乗りものニュース

Posted by kqtrain at 18時27分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=5594

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

カスタム検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.