kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2018年04月18日(水)

JR西日本、山陽線 西広島〜岩国駅間で新保安システム(D-TAS)使用開始 [ニュース(JR)]

 山陽線 西広島〜岩国駅間で新保安システム(D−TAS)を使用開始します:JR西日本

 JR西日本では、鉄道輸送のさらなる安全性、安定性の向上を目指すために、これまでシステムの開発を行ってきた新保安システムを「D-TAS(Database oriented Train Administration System:データベースを用いた列車管理システム)」と命名し、山陽線の西広島〜岩国駅間の導入準備が整いましたので使用開始します。

  • 【新保安システム(D-TAS)概要】
  • これまでのATSは、制御に必要な情報を地上から車上に送信し、それに基づき列車を制御する地上主体式となっていました。D−TASでは、車両に搭載したデータベースに制御に必要な情報を登録し、車上側で自律的に列車を制御する車上主体式へ移行することで、運転支援機能の充実を図り、鉄道輸送のさらなる安全性・安定性の向上を目指します。
  • <対象となる車種や線区>
  • 使用開始日…2018年5月20日(日曜日)
  • 対象車種…227系(下関総合車両所 広島支所所属)
  • 使用開始区間…山陽線 西広島〜岩国駅(35.9km)
  • 今後の計画…山陽線白市〜西広島駅間を2019年春に使用開始予定です。
  • <システムの特徴>
  • 車両に搭載したデータベースに、あらかじめ信号機の位置や曲線・分岐器などの位置と制限速度の情報を登録しています。
  • 列車は車輪の回転数で自列車位置を把握し、データベースに登録した設備に対し制限速度を超えた場合に、従来のATSと同様に自動的にブレーキを動作させます。
  • データベースに様々な地上設備の情報を登録することで、運転支援機能を充実させています。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 新保安システム「D-TAS」導入 車両搭載のデータベースで列車制御 JR西日本 | 乗りものニュース
 山陽本線にデータベースを活用した新保安システムが登場へ…車両が自律的に列車を制御 | レスポンス(Response.jp)
 JR西日本,山陽本線西広島—岩国間に新保安システム(D−TAS)を導入|鉄道ニュース|2018年04月18日掲載|鉄道ファン・railf.jp

Posted by kqtrain at 21時06分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6173

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.