kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2019年10月28日(月)

JR東海、ハイブリッド方式の次期特急車両の名称・シンボルマーク決定 [ニュース(JR)]

 ハイブリッド方式の次期特急車両の名称・シンボルマークの決定について(PDF 262.6KB)|ニュースリリース|JR東海

 JR東海では、2019年12月に試験走行車が完成する、特急「ひだ」「南紀」に使用している85系気動車の取替えに向けて投入を予定している「ハイブリッド方式の次期特急車両」の名称とシンボルマークが決定しました。

画像(320x152)・拡大画像(762x362)
  • 【ハイブリッド方式の次期特急車両の名称・シンボルマーク決定】
  • <名称:「HC85系」>
  • 「HC」は、エンジンで発電した電力と蓄電池の電力とを組み合わせ、モーターを回して走行する“ Hybrid Car(ハイブリッド方式の車両) ”であることを表しています。1989年の導入以降、30年以上に亘って多くのお客様にご利用頂いた従来方式の「85系気動車」から、技術革新したハイブリッド方式の85系という意味を込めて、「HC85系」と名付けました。
  • <シンボルマーク>
  • (1)シンボルマークのデザイン
  • HC85系は、安全性・快適性の向上や環境負荷の低減などを図りつつ、ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km/hでの営業運転を目指しており、シンボルマークのデザインは、車両の特徴を色と形状で表現しています。
  • 特急「ひだ」「南紀」が走行する飛騨・南紀の沿線の紅葉や海を赤と青の2色で表現。
  • 対比する2色のグラデーションがハイブリッド方式を表現。
  • 車両の外観の帯に合わせた3本の流線形状が“スピード感”を表現。
  • (2)シンボルマークの配置箇所
  • 先頭車両に各2箇所(両側)、1編成あたり4箇所に配置します。シンボルマークは、試験走行車にも使用します。
  • <今後の計画>
  • 試験走行車完成後、1年間を目途にハイブリッド技術の確立に向けた基本性能試験、長期耐久試験等を行います。その試験結果を踏まえて、量産車は2022年度を目標に投入する予定で検討を進めています。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください

 JR東海の次期特急形気動車はHC85系に 〜シンボルマークも決定〜|鉄道ニュース|2019年10月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp

 【JR東海】ハイブリッド方式の次期特急車両の名称等を「HC85系」と決定(2022年度量産車投入目標) : 阪和線の沿線から

Posted by kqtrain at 21時46分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6772

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.