kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2010年05月23日(日)

京急、平成22年度鉄道事業設備投資計画公表 [ニュース(京急)]

画像(224x320)・拡大画像(448x640)

 平成22年度 鉄道事業設備投資計画 総額約289億円|京浜急行電鉄|報道発表資料

 京急では、平成22年度鉄道事業設備投資計画を公表しました。
 平成22年度の鉄道事業設備投資は総額約289億円で、そのうち安全対策設備投資には約174億円の投資を行ないます。詳細は以下の通りです。

  • 安全対策関連:約174億円
  • (1)連続立体交差化工事:約13億円
  • 平成13年2月から本事業に着手し、今年度も引き続き工事を進めている京急蒲田駅付近連続立体交差化工事は、本線(平和島駅〜六郷土手駅間)、空港線(京急蒲田駅〜大鳥居駅間)を高架化して28か所の踏切道を廃止し、京急蒲田駅を2層構造として空港線のアクセスを大幅に改善します。
  • また、大師線地下化第1期工事は、暫定整備区画として東門前駅〜小島新田駅間を地下化し、産業道路駅にエレベーターなどを設置いたします。
  • (2)新造車両と車両更新:約62億円
  • 安全・快適にご利用いただけるよう、新型車両「新1000形」を新造し、また、既存車両の更新・改造を行います。
  • 車両の新造 新1000形 28両
  • 車両の更新   600形 24両
  • その他、1500形のVVVF化や600形の座席の改良なども推進いたします。
  • (3)駅改良工事:約17億円
  • 上屋の延伸・改修および、駅施設の改修・補修など
  • (4)防災・地震対策:約21億円
  • 防災・地震対策強化のため、高架橋耐震補強工事のほか、法面防護・トンネル補修などを行います。
  • (5)変電所などの電気施設の更新:約34億円
  • 変電設備の更新をはじめ、電力・信号・通信など諸設備の更新を行います。
  • (6)その他:約27億円
  • 工場、検車庫の改良・改修 ほか
  • 羽田空港国際線ターミナル駅新設工事:約36億円
  • 羽田空港において予定されている国際線定期便就航および国際線ターミナルビル新設に伴い、国際ターミナル駅(仮称)新設工事を進めます。
  • バリアフリー化関連:約37億円
  • (1)エレベーターなどの設置
  • エレベーター(7駅)
  • 新馬場駅、弘明寺駅、屏風浦駅、京急富岡駅、大鳥居駅、天空橋駅、六浦駅
  • (2)旅客用トイレの改修および多機能トイレ設置駅
  • 新馬場駅、平和島駅、京急鶴見駅、京急新子安駅、日ノ出町駅、屏風浦駅、京急富岡駅、金沢八景駅、浦賀駅、大鳥居駅、天空橋駅、穴守稲荷駅、鈴木町駅、小島新田駅、京急長沢駅、三崎口駅
  • その他:約42億円

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧下さい。

Posted by kqtrain at 21時57分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2306

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2010


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.