kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2010年10月20日(水)

JR西日本とJR九州、山陽・九州新幹線直通速達列車の愛称を「みずほ」に正式決定 [ニュース(JR)]

 JR西日本:プレスリリース一覧 > 山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」について
 山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」について|JR九州ニュースリリース

 JR西日本とJR九州では、山陽・九州新幹線において直通速達列車の愛称を「みずほ」とすることを正式に決定しました。

  • 山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」について
  • 「みずほ」の運転本数、停車駅、所要時分
  • 運転本数:1日4往復(朝夕時間帯に設定)
  • 停車駅 :新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本、鹿児島中央
最速の所要時分(主な区間) 区間 時分 区間 時分
新大阪〜博多 2時間23分 博多〜鹿児島中央 1時間20分
新大阪〜熊本 2時間59分 新大阪〜鹿児島中央 3時間45分
  • 列車名「みずほ」採用理由
  • 「みずほ」とは「みずみずしい稲の穂」を表す言葉であり、「みずほ(瑞穂)の国」は実り豊かな国を意味する日本国の美称として用いられていました。このたび、九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業に伴い実施する直通運転を通じて、皆さまに豊かな実りを提供していくという意味を込めました。
  • 既に列車名として採用が決定している「さくら」は日本を代表する花であり、この名称と同様に由緒ある名称であると考えました。
  • 山陽・九州新幹線内の列車名「みずほ、さくら、つばめ」の使用方法
  • 山陽・九州新幹線内で使用する新幹線列車名の使用方法は、下記のとおりといたします。
  • 「みずほ」・・・山陽・九州新幹線をまたがって運転する「最速達タイプ」
  • 「さくら」・・・山陽・九州新幹線をまたがって運転する、または九州内発着で運転する「速達タイプ」
  • 「つばめ」・・・九州内発着で運転する「各駅停車タイプ」

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧下さい。

 一部の新聞報道等で「みずほ」という愛称に対して「違和感がある」といった旨の内容を自治体のトップが発言したとされる記事が出ていました。
 鉄道ファンからすると「みずほ」という愛称はかつて走っていた寝台特急「みずほ」を思い起こさせるもので、役割としては長崎行きの寝台特急「さくら」および熊本を通る寝台特急「はやぶさ」の補佐役といえます。
 (寝台特急「みずほ」は東京〜長崎・熊本(鳥栖駅にて長崎行き・熊本行きに分割))
 ですが、寝台特急「みずほ」は九州を走るブルトレとして国鉄時代から使われてきたもので、今回の愛称採用に関して問題はないと個人的には思います。
 今後「九州新幹線「みずほ」」がどのようになっていくか、見守っていきたいですね。

 鉄道ニュース > 最新鉄道情報 > 山陽・九州新幹線直通の最速達タイプは〈みずほ〉:鉄道ホビダス
 阪和線の沿線から:JR西日本・九州が山陽・九州新幹線速達種別「みずほ」を正式発表 - livedoor Blog(ブログ)
 山陽・九州新幹線直通最速達列車、「みずほ」に決定!: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
 [JR九州][JR西日本]九州新幹線「みずほ」は毎日4往復。新鳥栖は通過。787系は日豊線に。「なのはなDX」は特急化: 鉄道ダイヤ改正ニュース

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/10/21/048/index.html

 asahi.com(朝日新聞社):新幹線「みずほ」、新大阪―熊本2時間59分 空に肉薄 - 社会
 大阪−鹿児島「みずほ」正式発表、3時間45分で朝夕4往復 - MSN産経ニュース

新大阪―鹿児島中央3時間45分 「みずほ」1日4往復 / 西日本新聞

 JR九州とJR西日本は20日、来年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開通と同時に始まる山陽新幹線との直通運転で、新大阪―鹿児島中央に最速型列車「みずほ」を、朝夕に1日計4往復運行すると発表した。所要時間は新大阪―鹿児島中央が3時間45分、新大阪―熊本は3時間を切る2時間59分となる。

 停車駅は新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本、鹿児島中央。

 JR九州の唐池恒二社長は福岡市での会見で「みずほ」の狙いを「航空機対策で、ビジネス客の利用時間帯に設定する」と述べた。JR西日本の佐々木隆之社長は大阪市での会見で「運行本数のハンディはあるが、時間的には航空機と渡り合える」と強調した。

 唐池社長は、所要時間については「加減速にかかる時間を少しずつ減らすなどして積み上げ、短縮できた」とした。

 「みずほ」の名称は、「みずみずしい稲の穂を表し、直通運転を通じ、(地元に)豊かな実りを提供したいとの思いを込めた」と説明。地元から異論が出たことに配慮して「『みずほ』は限定的な列車。今後とも『さくら』を前面に打ち出していく」と理解を求めた。

 「さくら」は、「みずほ」より停車駅を数駅増やした山陽・九州直通型と、九州内のみで運行する急行型の両方の名称に使用。「つばめ」は、九州内のみの各駅停車とすることも正式発表した。

 運行パターンは新大阪―鹿児島中央は「みずほ」か「さくら」が1時間に1本。博多―熊本は直通列車と別に「さくら」「つばめ」が1時間に計3本運行。うち1本が鹿児島中央行き、2本は熊本止まりとなる。料金は11月初旬までに国に認可申請する見通し。ダイヤは12月に発表する。

Posted by kqtrain at 21時37分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2597

山陽・九州新幹線直通最速達列車、「みずほ」に決定!

 先日取り上げた「みずほ」の名前について、大きな動きがありました。  JR西日本

たべちゃんの旅行記「旅のメモ」 2010年10月21日 22時55分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

10

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.