kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2011年04月29日(金) 昭和の日

小田急、2011年度鉄道事業設備投資計画公表 [ニュース(私鉄・関東)]

 (2011/04/28)2011年度の鉄道事業設備投資計画について(PDF)|ニュースリリース(2011年)|会社案内|小田急電鉄

 小田急では、2011年度の鉄道事業設備投資計画を公表しました。

  • 輸送力の増強
  • 1.複々線化事業(東北沢〜和泉多摩川間10.4km)の推進
  • 今年度は現在の営業線の地下化に向けトンネル本体の構築や各駅のホーム構築等を実施する予定
  • 2.各駅停車の10両化に向けた工事の推進
  • 複々線完成後の朝のラッシュピーク時間帯における輸送力をさらに増強するため、現在8両編成で運転している近郊区間の各駅停車を10両編成で運転する予定で、今年度は南新宿駅のホーム延伸工事などを実施
  • 安全対策の強化
  • 1.列車運行の安全性を一層高めるため、連続的で細かい速度制御により、急曲線、下り勾配等の制限速度の設定が可能となる、より安全性の高い新たな列車制御システム(D-ATS-P)の全線設置を目指し、今年度は車両搭載設備の設置、および多摩線における地上設備工事を完了する予定のほか、江ノ島線における地上設備工事を引き続き実施する
  • 2.ホーム柵の設置
  • 駅におけるお客さまの安全性を向上させるため、今年度から新宿駅の4、5番ホームに可動式ホーム柵を設置する工事に着手
  • 3.耐震補強の推進
  • 大規模地震による被害を最小限に抑えるため、鉄道構造物の耐震補強を推進。今年度は、新宿、代々木上原、本厚木の駅部と、相模川橋梁において耐震補強工事を実施
  • 4.その他
  • 自然災害による被害を極力抑えるため、柿生〜鶴川間で法面防護工事を実施
  • 老朽化の進行している第一菖蒲トンネル(渋沢〜新松田間)の改修工事を引き続き実施
  • ホーム柵の設置に併せて今年度から新宿駅地上ホームの改修工事に着手
  • サービスの向上
  • 1.特急車両の製造
  • 最新型特急車両60000形(MSE)を10両(6両×1編成および4両×1編成)製造
  • 2.通勤車両の製造と10両編成化
  • 最新型通勤車両4000形を10両(10両×1編成)製造するほか、3000形通勤車両の中間車両を12両製造し、6両編成の既存の車両に組み込むことで10両編成にする
  • 3.通勤車両のリニューアル
  • 8000形通勤車両を12両(4両×3編成)リニューアルし、車いすスペース、車内LED表示器、自動放送装置を設置するほか、制御装置を変更することで運行に使用する消費電力を削減するほか、補助電源装置、コンプレッサーなどの床下機器の低騒音化を図るなど環境面にも配慮する

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧下さい。

Posted by kqtrain at 13時59分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2880

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

4

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.