kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2011年12月10日(土)

富山地鉄、2011年12月25日より「ALPS EXPRESS」運行 [ニュース(私鉄・中部)]

 asahi.com(朝日新聞社):ゆったり座れる特別車両 富山地鉄、新デザインで広々 - トラベル

画像(320x233)・拡大画像(640x467)

 富山地方鉄道では、2011(平成23)年12月25日より16010形車両(元西武5000系)の内装を改装した「ALPS EXPRESS」を運行します。

 改装のベースとなるのは16010形車両。以前は西武鉄道5000系として特急レッドアローとして活躍した車両で、外装には手を加えず内装を「富山の大自然との調和」をコンセプトに一新するとのことで、デザインを担当するのは九州新幹線など数々の鉄道車両のデザインを手がける著名な工業デザイナー水戸岡鋭治さんです。

 列車は3両編成で、特に大きな改装を加える真ん中の3号車は、座席数を72から40に大幅に減らし、その分の空間を使って、ゆったり1人ずつ座れる外向き座席や2人掛けのテーブル付き座席、名物の「ますずし」や軽食などを販売するブースを設置。1、3号車も座席数を60から50に減らし、広さを感じる内装に仕立てるとのことです。
 2011(平成23)年12月25日より運行を開始し、平日と年末年始は2号車を外した2両編成で運行、25日と2012(平成24)年1月7日以降の土・日・祝日は3両編成で運行する予定で、1、3号車は通常運賃で乗車可能ですが、中間の2号車のみ座席指定となり指定券(210円)が必要になるとのことです。

 ベースとなる16010形車両は、富山地鉄で撮影された映画「RAILWAYS(レイルウェイズ) 愛を伝えられない大人たちへ」で主人公は運転する車両として映画内で度々登場しており、外観はそのままにすることでイメージを崩さないようにし、内装を一新することでより乗る楽しみをアップさせるということになるのでしょう。
 中間車も以前は多客時の増結用として使われていたものの、利用客の減少から廃車になるとのことでしたが、今回のリニューアルで復活することとなり、再び3両編成での姿が見られるようになります。
 一体どんな内装になっているのか、今から楽しみです。

 阪和線の沿線から:富山地方鉄道、16010形電車(元西武5000系)を改造した「ALPS EXPRESS」を12月25日より運行 - livedoor Blog(ブログ)
 富山地鉄に「ALPS EXPRESS」登場!: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/12/20/083/index.html

 鉄道ニュース > 最新鉄道情報 > 富山地方鉄道 観光列車“アルプスエキスプレス”運行:鉄道ホビダス

 【2011(平成23)年12月21日追記】
 富山地方鉄道より「観光列車『アルプスエキスプレス』運行のお知らせ」のリリースが出ましたのでご覧下さい。
 観光列車『アルプスエキスプレス』運行のお知らせ|富山地方鉄道株式会社

Posted by kqtrain at 13時35分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=3186

富山地鉄に「ALPS EXPRESS」登場!

 現在公開中の映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の舞台となって

たべちゃんの旅行記「旅のメモ」 2011年12月15日 05時20分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.