kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2013年10月29日(火)

国土交通省、交通系ICカードの1円単位運賃を認める方針へ [ニュース(鉄道)]

 報道発表資料:消費税率引上げに伴う公共交通運賃(鉄道、バス)への1円単位運賃(ICカード利用)の導入について - 国土交通省

 国土交通省では、2014(平成26)年4月の消費税引き上げに伴う鉄道とバスの運賃の扱いについて、Suica(スイカ)などの交通系ICカード利用に対し1円単位の運賃を認める方針を明らかにしました。

 2014(平成26)年4月の消費税引き上げに対し、首都圏の鉄道事業者、バス事業者の一部から「消費税引き上げの転嫁の手法として、ICカード「1円単位運賃」を導入したい」としているところがあり、国土交通省としては「このような運賃改定申請が出てくる場合には、消費税率の引上げ分をより正確に転嫁する観点から認める方針」としたとのことです。
 鉄道・バスにおける具体的な端数処理の方法は以下のとおりです。

  • 【鉄道】
  • より正確な転嫁を可能とする1円単位運賃を導入する場合、ICカード運賃の方が現金運賃より安くて然るべきという消費者感覚を前提に、利用者にとって分かりやすいものとして、ICカード1円単位運賃が常に「現金運賃以下」となることを基本とする。
  • このため、ICカード運賃が現金運賃より高くならないよう現金運賃の「切り上げ」を認めつつ、事業全体で108/105以内の増収に収まるよう、定期運賃等他の券種により調整。併せてICカードの利用しやすい環境の整備等を工夫する。
  • 【例:現行運賃が150円の場合、消費税引き上げ後の金額は154円になるが、ICカード運賃はこれをそのまま反映させて4円値上げの154円とし、現金運賃は切り上げにより10円値上げの160円とする。】
  • 【バス】
  • より正確な転嫁を可能とする1円単位運賃を導入する場合、ICカード運賃の方が現金運賃より安くて然るべきという消費者感覚を前提に、利用者にとって分かりやすいものとして、ICカード1円単位運賃が常に「現金運賃以下」となることを基本とする。
  • バスは現金利用の割合が高い一方、定期運賃による調整の余地が小さいこと等を踏まえ、四捨五入を基本としつつ、ICカード運賃が現金運賃より高くならないよう同額とすることを認める。なお、事業全体で108/105以内の増収に収まるよう、定期運賃等他の券種により調整する。
  • 【例:現行150円(消費税引き上げ後の金額は154円)の場合はカード、現金ともに150円のままとなるが、現行200円(同206円)の場合はカード206円、現金210円になる。】

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 国交相、ICカードの1円単位運賃認める方針…現金利用より安く | レスポンス

http://news.mynavi.jp/news/2013/10/29/299/index.html

Posted by kqtrain at 20時37分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=4075

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

10

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.