kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2013年12月26日(木)

JR東日本、常磐緩行線に導入予定の無線列車制御システム(CBTC)の設計委託メーカー内定 [ニュース(JR)]

 CBTC導入検討の設計を委託するメーカー選定(内定)の結果 [PDF/477KB]|JR東日本:プレスリリース

 JR東日本では、常磐緩行線に導入を検討している無線列車制御システム(CBTC)の設計委託メーカーを内定したと発表しました。

  • 内定メーカー名:タレス (THALES)
  • 内定メーカー「タレス (THALES)」の概要
  • グループ本社:フランス・パリ Neuilly-sur-Seine (ヌイイ=シュル=セーヌ)
  • 主な事業内容:防衛、セキュリティ、航空宇宙、交通
  • 連結収益:142億ユーロ(2012(平成24)年12月期)
  • グループ社員数:6.6万人(2012(平成24)年12月末)
  • 【今後の予定】
  • JR東日本は今後、タレスと設計契約締結交渉を行い、契約締結に合意できれば今回の「内定」を「正式決定」に変更し、タレスに対し、CBTC導入に係る設計作業(概ね1年間を予定)を委託する予定です。設計作業の結果、JR東日本が求めるCBTC機能等が実現できると判断した場合は、タレスにCBTC導入に係る製造工事を委託する予定です。常磐緩行線へのCBTC導入は2020(平成32)年年頃を予定しています。
  • 【「CBTC」の概要】
  • 「CBTC」は「Communications-Based Train Control System」の略で、地下鉄・モノレール等を中心に世界100線区近くに導入済の「無線を利用した列車制御システム」です。(日本での導入例は、まだ有りません。)軌道回路で列車位置を検知する従来方法と異なり、列車が常に自らの位置を認識して地上装置に無線で送信し、地上装置が停止限界点を列車に無線で送信することで列車の速度制御を行う仕組みです。このため、軌道回路が不要となり、ケーブル量も大幅に削減されます。通常、「列車制御システム」だけではなく「運行管理システム」までを含み、「単線並列運転機能」なども持ったトータルな輸送システムです。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 JR東日本、常磐緩行線CBTCの設計委託メーカーに仏タレス内定 | レスポンス

http://news.mynavi.jp/news/2013/12/25/157/index.html

Posted by kqtrain at 22時41分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=4179

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

12

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.