kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2014年11月28日(金)

JR九州、架線式蓄電池電車を筑豊本線若松〜折尾間に導入 [ニュース(JR)]

 平成28年秋「架線式蓄電池電車」を導入します(PDF)|JR九州

 JR九州では、これまで電化されていない区間(非電化区間)を走行する気動車に替わる次世代の車両として蓄電池で駆動する車両の開発に取組んできましたが、実用化に向け、量産車両の製作に着手し、2016(平成28)年秋に筑豊本線若松〜折尾間に導入します。

  • <架線式蓄電池電車の概要>
  • 【交流電化区間】
  • 従来の電車と同じように架線からの交流電力で走行します。
  • 走行・停車中に、架線からの交流電力を変換して蓄電池に充電します。
  • 【非電化区間】
  • パンタグラフを下げて、蓄電池のみの電力で走行します。
  • ブレーキ時に回生エネルギーを蓄電池に充電します。
画像(320x163)・拡大画像(800x409)
  • 導入する非電化区間…筑豊本線(若松線:若松〜折尾)
  • <選定理由>
  • 車両に搭載する蓄電池容量に適した線区長であり、かつ交流電化区間との直通運転という運用上のメリットがあることから若松線を選定しました。また、同路線は「世界の環境首都」を目指す北九州市内にある若松駅と折尾駅を結ぶ路線であり、環境にやさしい「架線式蓄電池電車」を初めて導入する線区としてふさわしい線区です。
  • 営業運転開始時期(予定)
  • 2016(平成28)年秋:1編成 2両を先行導入
  • 2017(平成29)年春:6編成12両を追加導入

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 JR九州の蓄電池電車、若松線に投入…2016年秋から | レスポンス

http://news.mynavi.jp/news/2014/11/28/148/index.html

 阪和線の沿線から:【JR九州】筑豊本線・若松〜折尾間に架線式蓄電池電車を導入(平成28年秋〜) - livedoor Blog(ブログ)
 若松線に蓄電池電車: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」

Posted by kqtrain at 22時55分   トラックバック ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

https://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=4480

若松線に蓄電池電車

 JR九州の筑豊線若松−折尾間は政令指定都市北九州市内にありながら、非電化のまま

たべちゃんの旅行記「旅のメモ」 2014年12月05日 06時18分

【JR九州】筑豊本線・若松〜折尾間に架線式蓄電池電車を導入(平成28年秋〜)

JR九州では、平成28年秋からを予定に筑豊本線に「架線式蓄電池電車」を導入することを発表しました。 平成28年秋「架線式蓄電池電車」を導入します|JR九州プレス発表資料 この「架 ...

阪和線の沿線から 2014年11月30日 20時41分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.